便秘解消 食物繊維

リンゴに含まれるペクチンはビフィズス菌を増やす

便秘に役立つ食品と言えば、幾つも考えられるわけですが、便秘解消には、そもそも食物繊維が豊富に含まれている、もしくは、オリゴ糖が含まれている等というように、おなかに効果的な成分が含まれている事が大切です。

 

そんなおなかに効果的な成分が含まれているものと言えば、実は果物であるリンゴもお勧めです。

 

リンゴには、そもそも他の果物とは異なるペクチンが含まれており、この他の果物と異なるペクチンとは、食物繊維やオリゴ糖を増やす事ではなく、実はビフィズス菌を増やすものと言えるのです。

 

ですから便秘気味、頑固な便秘に悩む方には、特にお勧めで、このビフィズス菌の含まれるリンゴを食べることにより、おなかにビフィズス菌を増やすことになります。

 

当然、腸内環境を整える効果も考えられ、酸性に導く働きを持ちますから、おなかの中に悪玉菌を増やさない効果を働いてくれるわけです。


一日一個のリンゴで便秘解消

悪玉菌が減少する腸内は、当然健やかな状態に保たれる事となりますから、『便秘=悪玉菌の増殖』には至らずに、善玉菌が増える腸内環境へと導いてくれる事となるのです。

 

実際、このように便秘に役立つ成分が含まれているわけですが、実は食べ方としての決まりがあります。

 

皮をむいて食べる方法より、皮ごと食べる事が、重要な条件となりますから、皮つきのまますりおろして食べるとか、皮つきのまま食べるというような方法で、リンゴに含まれるペクチンを腸内へ届けてください。

 

例えばリンゴは、ジュースにしたいという方の場合、きれいな色のジュースでは意味がなく、濁っているものが最適ですから、濁るように作られるほうがその効果を確実に腸内へ届ける事ができます。

 

このようにリンゴは、ペクチンを含み、尚且つビフィズス菌を増やす効果をもたらしますので、毎日1個食べる習慣をつけることも便秘解消に大いに役立つと思います。

 

リンゴ - 便秘解消! 早く楽になる便秘解消法関連ページ

イチゴ
便秘を解消するためには、腸内環境を整える事が必須です。腸内の環境を整え、適度な運動を行うことにより、便が排出しやすいように促すことが、大切です。
キウイ
便秘解消には、やはり食べ物で改善という事も大切です。例えば、野菜は主に食物繊維が豊富に含まれていますから、便秘の解消に大いに役立ちます。
キャベツ
便秘に役立つ食材といえば、豆類、にんにく、ゴボウ等があげられます。いずれも食物繊維が豊富もしくは、おなかの蠕動運動を促す成分が豊富に含まれています
ゴボウ
便秘の解消には、やはりお腹によい成分が含まれる食事を心がける事がお勧めですが、そのためには、まずその食材を知る事が先決です。
にんにく
便秘の解消には、食物繊維等によるおなかに善玉菌を増やす事が必要です。つまり、これは、おなか自体の環境を整え、便秘を解消させていくというものですから、『食事』が重要であるという事になります。
バナナ
便秘はおなかが張り、尚且つ時には痛みをも感じる症状なので、便秘気味、頑固な便秘に常に悩まされるという方にとって、ストレスになりえるものです。
プルーン
便秘を解消するための食品には、幾つかの食品が存在します。中でも『食物繊維』が含まれ、尚且つ『オリゴ糖』が含まれる食品が、腸内の環境を整え、尚且つその働きを活発にしてくれます。
枝豆
便秘の解消には、運動や水分の摂取等がお勧めですが、何よりおなかの健康を保つ、働きを正常に導くためにも、食生活を見直し、おなかに必要な成分が含まれる食品を摂り入れる事が大切です。
豆類
便秘の解消には、適度な運動がお勧めですが、運動はもちろん、やはり腸内環境を整えるべく、食事による解消もお勧めです。