妊娠中 便秘

妊婦さんの便秘について

妊婦さんの便秘の原因は、黄体ホルモンの増加によるもの。

 

この黄体ホルモンは、腸の働きを鈍くする作用をもたらすホルモンだからこそ、妊婦さんは、それにより妊娠していない状態より便秘になりやすくなります。

 

また、これ以外にも胎児が成長するにつれ、やはり子宮が大きくなりますから、それにより腸を圧迫してしまい、尚且つ腹筋等への影響も考えられる事から、排便する場合に力みにくくなる事が便秘の原因といえます。

 

ですが、妊娠時による便秘は、これら以外にも考えられ、その原因というのも『つわり』によるものです。

 

つわりが起こると、当然食べ物が食べられない状態になってしまう事から、便自体のカサが不足し、それに伴い便秘が起きやすくなってしまうのです。

 

つわりは、その症状の度合いにもよりますが、ひどいつわりの場合は、入院という可能性もあります。

食事で便秘解消するよう心掛ける

ですが、このつわりは、胎児がおなかにいることにより食べ物が変化してしまう偏食状態になっているという事が言えるので、食べられるものを食べていけば大丈夫です。

 

しかし、その場合、やはり食物繊維が豊富な食品を選んで食べられるほうが、便秘の解消に役立ちます。

 

とりあえず、何も食べられないという状態でなければ、食べられるものを食べる事が大切です。

 

ですが、便秘解消する、予防するためにも食物繊維・オリゴ糖等が含まれた食品を積極的にとりいれていく事が大切です。

 

いずれにしても、妊娠時は、便秘になりやすい状態と言えますから、それを解消するため、予防をするためにも、食物繊維が豊富に含まれている食事を心がけ、便秘にならないよう心がける事が大切です。

 

お薬は、飲めない状態であるとも言える妊娠時なので、便秘をなるべくしないように心がける事が大切ですが、妊娠時の便秘解消は、やはり食事で予防、解消させていかなければいけません。

 

つわりによるもの - 便秘解消! 早く楽になる便秘解消法関連ページ

妊娠時に便秘になったら?
妊娠中は、妊娠していない状態より、便秘になりやすい状態にあると考える事が大切です。
注意すべき点
妊娠時は、妊娠時で無い場合よりも便秘になりやすくなってしまいますから、意識して便秘の予防、対策を行っていく事が、いつも以上に必要になります。
便秘解消術
妊娠時は、普段より特に便秘になりやすい傾向にあるため、どうしても普段から便秘になりやすい方は、尚、便秘になってしまうようなケースが多いです。
便秘対策
妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。 妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。
妊娠中の便秘&解消できる食品
妊娠中は、通常の状態よりも便秘になりやすいため、普段より、これにおける知識を高め、率先して便秘解消につながる食品を食べていく事が必要です。
便秘
妊娠を経験された方は、一度は感じた事があると思いますが、妊娠すると、妊娠してない時より便秘になりやすい傾向にあります。
便秘の原因
妊娠中の便秘は、そもそも女性ホルモンが活発化することにより便秘に陥りやすいですが、そもそもおなかに赤ちゃんがいると、何となくいつもどおりに力む事ができないという方もおられます。
便秘知識
妊娠中は、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが増えることにより、妊娠していない状態よりも、便秘になりやすくなってしまいます。
便秘の 幾つかの原因
妊婦さんの原因は、そもそも黄体ホルモンが原因で起こります。