妊娠時の便秘 解消

食事で便秘解消

妊娠中は、妊娠していない状態より、便秘になりやすい状態にあると考える事が大切です。

 

そもそも、妊娠時は、通常の場合より便秘になりやすいからこそ、食事等で便秘になりづらくしていく必要があります。

 

妊娠中の便秘の原因は、主に黄体ホルモンの増加によるもの、子宮が大きくなることにより腸が圧迫する等が考えられるわけです。

 

ですが、いずれにしても、こうした状態にあるからこそ、妊娠時は、通常より便秘になりやすいですから、普段から便秘になりやすい傾向にある方は、特に食事等で、予防を行っていく事が必要です。

 

妊娠時に便秘になってしまったら、軽度の便秘の場合は、自然なお通じに促すべく、食物繊維、オリゴ糖等が豊富に含まれた食事を摂取していく事が大切です。

 

しかし、普段から便秘気味という方は、妊娠したことにより益々便秘がひどくなる、というケースもありますから、その場合は、専門医に相談しなければいけません。

つらい場合は医師に相談する

この場合、医師に便秘を伝えることにより、便秘薬を処方される場合もありますので、ひどい便秘という場合は、妊娠経過にも悪影響になる場合もありますから、医師への相談を行ってください。

 

ただし、医師が出す便秘薬は安全なものと言えますが、妊娠中ですから、市販の薬で便秘を解消というのは、いけません。

 

この場合、あくまで医師により処方のお薬だけですので、自身で購入する便秘薬は飲んではいけませんので、その辺はご注意ください。

 

既に多くの方がお分かりかと思いますが、下剤等も妊娠時には、不適切な薬となりますから、ひどい便秘になってしまった場合は、医師による処方のお薬の服用という事になります。

 

妊娠時は、通常より、便秘になりやすいですから、つわりの無い場合は、食物繊維の豊富に含まれた豆類、キャベツ、にんにく等もお勧めですし、果物で食物繊維を摂取する事もお勧めです。

 


妊娠時に便秘になったら? - 便秘解消! 早く楽になる便秘解消法関連ページ

つわりによるもの
妊婦さんの便秘の原因は、黄体ホルモンの増加によるもの。この黄体ホルモンは、腸の働きを鈍くする作用をもたらすホルモンだからこそ、妊婦さんは、それにより便秘になりやすくなります。
注意すべき点
妊娠時は、妊娠時で無い場合よりも便秘になりやすくなってしまいますから、意識して便秘の予防、対策を行っていく事が、いつも以上に必要になります。
便秘解消術
妊娠時は、普段より特に便秘になりやすい傾向にあるため、どうしても普段から便秘になりやすい方は、尚、便秘になってしまうようなケースが多いです。
便秘対策
妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。 妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。
妊娠中の便秘&解消できる食品
妊娠中は、通常の状態よりも便秘になりやすいため、普段より、これにおける知識を高め、率先して便秘解消につながる食品を食べていく事が必要です。
便秘
妊娠を経験された方は、一度は感じた事があると思いますが、妊娠すると、妊娠してない時より便秘になりやすい傾向にあります。
便秘の原因
妊娠中の便秘は、そもそも女性ホルモンが活発化することにより便秘に陥りやすいですが、そもそもおなかに赤ちゃんがいると、何となくいつもどおりに力む事ができないという方もおられます。
便秘知識
妊娠中は、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが増えることにより、妊娠していない状態よりも、便秘になりやすくなってしまいます。
便秘の 幾つかの原因
妊婦さんの原因は、そもそも黄体ホルモンが原因で起こります。