便秘対策 妊婦

規則正しい生活で、腸の動きを正常化する

妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。

 

心がけには、食事や生活習慣等の改善も必要です。

 

例えば、規則正しい生活を送ることは、それにより腸の働きを正常に保ち、活発にしてくれますから、妊娠時は、特に便秘になりやすい傾向にあるだけに、いつも以上に規則正しい生活を心がける事が肝心です。

 

例えば、夜更かしをしない、尚且つ早起きを心がける。

 

これらは、早起きをすることにより、朝食をゆっくりと食べられ、尚且つ便意を促すべくトレタイムを設ける事も出来ます。

 

ですから、ゆとりのある朝をむかえるためにも、早起きは必要ですし、体のリズムを正常に保つためにも、夜更かしはせず、早起きをしていきましょう。

 

更に、就寝、起床の時間をある程度、毎日同じ時間にすることにより、体の機能を正常に保たせる意味を持ちます。

 

腸の働きを整えるためにもリズムを決めた生活を心がけていく事も必要です。

食物繊維の食事を積極的に摂りいれる

また、1日の食事、つまり朝、昼、晩の食事は、ある程度時間を決められる事も必要です。

 

時間を規則的にすることにより、体のリズムも規則的になりますから、便秘を解消、対策するためにも規則正しいリズムを心がけた生活を送ってください。

 

便秘の方は、また、夜9:00以降は余り食べ物を口にされない事が大切です。

 

夜9:00以降に食べ物を食べると、翌日の朝ご飯も食べられずに、更に便秘に導く事となりますから、朝ご飯をおいしく食べる意味でも夜9:00以降は食べないように心がけてください。

 

妊娠時は、つわりがひどく食べられないという場合も便秘になります。

 

ですが、食べ過ぎにより便秘になる場合もありますから、いずれにしても便秘解消には、食物繊維を積極的に摂り入れ、腸の働きを活発化するように促していく事が大切です。

 

便秘対策 - 便秘解消! 早く楽になる便秘解消法関連ページ

つわりによるもの
妊婦さんの便秘の原因は、黄体ホルモンの増加によるもの。この黄体ホルモンは、腸の働きを鈍くする作用をもたらすホルモンだからこそ、妊婦さんは、それにより便秘になりやすくなります。
妊娠時に便秘になったら?
妊娠中は、妊娠していない状態より、便秘になりやすい状態にあると考える事が大切です。
注意すべき点
妊娠時は、妊娠時で無い場合よりも便秘になりやすくなってしまいますから、意識して便秘の予防、対策を行っていく事が、いつも以上に必要になります。
便秘解消術
妊娠時は、普段より特に便秘になりやすい傾向にあるため、どうしても普段から便秘になりやすい方は、尚、便秘になってしまうようなケースが多いです。
妊娠中の便秘&解消できる食品
妊娠中は、通常の状態よりも便秘になりやすいため、普段より、これにおける知識を高め、率先して便秘解消につながる食品を食べていく事が必要です。
便秘
妊娠を経験された方は、一度は感じた事があると思いますが、妊娠すると、妊娠してない時より便秘になりやすい傾向にあります。
便秘の原因
妊娠中の便秘は、そもそも女性ホルモンが活発化することにより便秘に陥りやすいですが、そもそもおなかに赤ちゃんがいると、何となくいつもどおりに力む事ができないという方もおられます。
便秘知識
妊娠中は、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが増えることにより、妊娠していない状態よりも、便秘になりやすくなってしまいます。
便秘の 幾つかの原因
妊婦さんの原因は、そもそも黄体ホルモンが原因で起こります。