便秘 解消法

一度痔になると治りずらくなる

妊娠を経験された方は、一度は感じた事があると思いますが、妊娠すると、妊娠してない時より便秘になりやすい傾向にあります

 

その理由は、色々考えられるわけですが、妊婦さんが便秘を起こすとおなかに赤ちゃんがいることにより、やはり子宮自体が通常より下がっていく事となりますから、普段、起こる事が無い痔になったります。

 

妊娠中に痔になってしまうと、実はその痔が癖になる場合も考えられ、尚且つ治りにくくなってしまいますから、痔を悪化させないように心がける事が大切です。

 

女性ならお分かり頂けると思いますが、生理中も同様な事が起こり得て、生理中にいったん痔を悪くすると治りにくくなりますので、なるべく排便は、自然に柔らかい便を出すという事が非常に大切です。

 

妊娠中は、あまりお薬の服用は、勧められませんので、痔のためにも便秘を解消していく事が肝心です。

便秘予防と解消

又、妊娠中に便秘を起こすと、痔になってしまうだけでなく、妊娠の経過自体への悪影響も当然考えられることになりますから、妊娠中は上手に便秘を解消し、健やかな赤ちゃんを産むべく便秘を起こさない心がけが必要です。

 

ただし、妊娠中に便秘による痔が起こってしまった場合は、医師へ相談することにより、痔に効果的な軟膏等の塗り薬を出していただけます。

 

ですから、便秘&痔を起こしてしまった場合は、恥ずかしがらずに医師への相談を行ってください。

 

妊娠中は、とかく運動不足に陥りやすい傾向にありますので、規則正しい生活を心がけ、おなかの赤ちゃんに負担をかけない程度の適度な運動を行い、便秘を起こさないような生活を送っていただきたいと思います。

 

妊娠中の便秘は、痔もしくは妊娠経過における悪影響にもなりかねるため、便秘を上手に解消できる、尚且つ予防できる生活を送りましょう。

 

便秘 - 便秘解消! 早く楽になる便秘解消法関連ページ

つわりによるもの
妊婦さんの便秘の原因は、黄体ホルモンの増加によるもの。この黄体ホルモンは、腸の働きを鈍くする作用をもたらすホルモンだからこそ、妊婦さんは、それにより便秘になりやすくなります。
妊娠時に便秘になったら?
妊娠中は、妊娠していない状態より、便秘になりやすい状態にあると考える事が大切です。
注意すべき点
妊娠時は、妊娠時で無い場合よりも便秘になりやすくなってしまいますから、意識して便秘の予防、対策を行っていく事が、いつも以上に必要になります。
便秘解消術
妊娠時は、普段より特に便秘になりやすい傾向にあるため、どうしても普段から便秘になりやすい方は、尚、便秘になってしまうようなケースが多いです。
便秘対策
妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。 妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。
妊娠中の便秘&解消できる食品
妊娠中は、通常の状態よりも便秘になりやすいため、普段より、これにおける知識を高め、率先して便秘解消につながる食品を食べていく事が必要です。
便秘の原因
妊娠中の便秘は、そもそも女性ホルモンが活発化することにより便秘に陥りやすいですが、そもそもおなかに赤ちゃんがいると、何となくいつもどおりに力む事ができないという方もおられます。
便秘知識
妊娠中は、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが増えることにより、妊娠していない状態よりも、便秘になりやすくなってしまいます。
便秘の 幾つかの原因
妊婦さんの原因は、そもそも黄体ホルモンが原因で起こります。