頑固な便秘 解消法

妊娠中のホルモンの分泌

妊娠中の便秘は、そもそも女性ホルモンが活発化することにより便秘に陥りやすいですが、そもそもおなかに赤ちゃんがいると、何となくいつもどおりに力む事ができないという方もおられ、それにより我慢してしまう事も多くなり、便秘になってしまうケースもあります。

 

実際はこの女性ホルモンの一種と言われる黄体ホルモンの働きが活発になることにより、妊娠中は便秘になりやすくなってしまいます。

 

そもそもこの黄体ホルモンは、妊娠準備及び妊娠維持に必要になるホルモンであり、妊娠中期になると、胎盤からも分泌されるホルモンとなります。

 

この黄体ホルモン自体、腸の蠕動運動を抑制する働きを持ち、尚且つ妊娠子宮に対する平滑筋を弛緩させるという働きを持つため、腸の蠕動運動が低下してしまい平滑筋までも弛緩するという事で、当然『妊娠中=便秘になりやすい』という状態に至ります。

 

尚且つ妊娠中は、6カ月ぐらいになると子宮が大きくなってきますから、それにより腸管が圧迫、押されることにより便秘に陥りやすい状態となってしまうのです。

妊娠中に便秘になりやすい原因

このような原因から、妊娠中は、妊娠中で無い時よりも当然、便秘に陥りやすくなってしまいます。

 

又、妊娠すると、最初に受精卵が子宮に着床し、黄体ホルモン簿分泌量が増えますから、それにより、妊娠に気づき、尚且つ体の変化も感じる事となりますが、妊娠初期には、こうした事が原因で便秘になりやすくなります。

 

つまり妊娠中の便秘の原因は、黄体ホルモンの分泌量が増える事と黄体ホルモンがそもそも持っている子宮筋を弛緩することにより、腸の蠕動運動が鈍り、便秘になるという事なのです。

 

主に、このような黄体ホルモンが原因で、妊娠中には便秘になりやすい傾向にある事から、妊娠中は、普段よりも便秘解消に備えた対策が必要といえるのです。

 


便秘の原因 - 便秘解消! 早く楽になる便秘解消法関連ページ

つわりによるもの
妊婦さんの便秘の原因は、黄体ホルモンの増加によるもの。この黄体ホルモンは、腸の働きを鈍くする作用をもたらすホルモンだからこそ、妊婦さんは、それにより便秘になりやすくなります。
妊娠時に便秘になったら?
妊娠中は、妊娠していない状態より、便秘になりやすい状態にあると考える事が大切です。
注意すべき点
妊娠時は、妊娠時で無い場合よりも便秘になりやすくなってしまいますから、意識して便秘の予防、対策を行っていく事が、いつも以上に必要になります。
便秘解消術
妊娠時は、普段より特に便秘になりやすい傾向にあるため、どうしても普段から便秘になりやすい方は、尚、便秘になってしまうようなケースが多いです。
便秘対策
妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。 妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。
妊娠中の便秘&解消できる食品
妊娠中は、通常の状態よりも便秘になりやすいため、普段より、これにおける知識を高め、率先して便秘解消につながる食品を食べていく事が必要です。
便秘
妊娠を経験された方は、一度は感じた事があると思いますが、妊娠すると、妊娠してない時より便秘になりやすい傾向にあります。
便秘知識
妊娠中は、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが増えることにより、妊娠していない状態よりも、便秘になりやすくなってしまいます。
便秘の 幾つかの原因
妊婦さんの原因は、そもそも黄体ホルモンが原因で起こります。