便秘の解消法 妊婦

つわりによる便秘

妊婦さんの原因は、そもそも黄体ホルモンが原因で起こります。

 

しかし、黄体ホルモンが妊娠中増え、便秘が起きやすくなるという原因だけでなく、「つわり」による食欲不振も妊娠中の便秘につながります。

 

それというのも、妊娠初期の頃は、つわりが起こる時期でもあり、そのせいで食事をとりたくないという方もいるかと思います。

 

こうした症状に伴い便の量、いわゆる便のカサが減少することで、排便がスムーズにいかなくなる、という事も考えられ、それにより便秘を起こしてします方も多いのです。

 

又、黄体ホルモンが増えることにより、腸の蠕動運動が弱まりますから、当然、便の排出が上手くいかない、便秘という事になります。

 

つわりに関して言えば、つわりが起こると、やはり何も口にしたくなくなるケースが多いですから、そうなると体の水分量が減ることになりますから、便の状態もかたくなります。

 

そのため便が排出しづらくなる上に、便のカサ自体も減少しますから、妊娠していない状態よりも便秘になりやすい、便秘になってしまうと考えられているのです。

妊娠中の水分摂取で便秘予防

この2つの便秘の原因に伴う対策をするなら、やはり水分はなるべく摂取し、便をかたくしない事は当然必要です。

 

また、腸の蠕動運動が鈍くなることにより便秘を起こしますので、腸の蠕動運動に導くための食事を心がける事が、妊娠時の便秘の解消につながります。

 

妊娠中は、この要に、そもそもは、黄体ホルモンの増加により便秘と考えられます。

 

ですが、妊娠時の便秘は、痔や妊娠経過に悪影響を及ぼす事も考えられますから、妊娠時は、こうした事が起こり得ると認識し、それに伴う対策を行う事が必要なのです。

 

無理をする対策はいけませんが、妊娠時における便秘の原因は、その対策として十分食事で補えるものといえるので、腸の蠕動運動を促すような食品を上手に利用して妊娠時の便秘は予防していきましょう。

 

幾つかの原因- 便秘解消! 早く楽になる便秘解消法幾つかの原因関連ページ

つわりによるもの
妊婦さんの便秘の原因は、黄体ホルモンの増加によるもの。この黄体ホルモンは、腸の働きを鈍くする作用をもたらすホルモンだからこそ、妊婦さんは、それにより便秘になりやすくなります。
妊娠時に便秘になったら?
妊娠中は、妊娠していない状態より、便秘になりやすい状態にあると考える事が大切です。
注意すべき点
妊娠時は、妊娠時で無い場合よりも便秘になりやすくなってしまいますから、意識して便秘の予防、対策を行っていく事が、いつも以上に必要になります。
便秘解消術
妊娠時は、普段より特に便秘になりやすい傾向にあるため、どうしても普段から便秘になりやすい方は、尚、便秘になってしまうようなケースが多いです。
便秘対策
妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。 妊娠時は、通常より特に便秘になりやすい傾向にありますから、普段から便秘にならないような心がけ、対策が必要です。
妊娠中の便秘&解消できる食品
妊娠中は、通常の状態よりも便秘になりやすいため、普段より、これにおける知識を高め、率先して便秘解消につながる食品を食べていく事が必要です。
便秘
妊娠を経験された方は、一度は感じた事があると思いますが、妊娠すると、妊娠してない時より便秘になりやすい傾向にあります。
便秘の原因
妊娠中の便秘は、そもそも女性ホルモンが活発化することにより便秘に陥りやすいですが、そもそもおなかに赤ちゃんがいると、何となくいつもどおりに力む事ができないという方もおられます。
便秘知識
妊娠中は、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが増えることにより、妊娠していない状態よりも、便秘になりやすくなってしまいます。