便秘薬 解消法

下剤で便秘解消法には注意

便秘の主な原因は、例えば食事によるものや水分不足によるもの、中には、運動不足によるもの等が考えられます。

 

また、小さい頃から、便秘気味という方に多く、下剤を用いた便秘解消法は、腸の炎症を起こし、尚且つ下痢が続く等というような症状に陥り、便秘薬を飲まなければ便秘が解消できないと思いこんでしまう依存症までをも引き起こす事となります。

 

ですから、便秘を解消するための便秘薬は、十分注意して服用していく事が大切です。

 

便秘になる理由、原因には、様々な原因が考えられ、中には、服用されている薬が原因で、便秘を起こしてしまうというケースもあります。

 

この場合は、お薬は病気等における治療薬となりますから、やめる事は難しいので、運動をする、食物繊維をたくさんとることが、大切です。

 

このような薬による便秘とは、薬の作用のせいで、消化管の運動を抑制する働きをもつものもあり、それにより副作用として便秘になる薬も存在します。

 

高齢の方等の便秘は、こうした薬による便秘となり、その便秘を中々解消させることは難しくなってしまいます。

身体的な薬服用の場合の便秘改善

更に、便秘薬の長期服用は、便秘を解消させることにはならずに、逆に便秘を助長する事が考えられます。

 

そして、尚且つ長期的に便秘薬もしくは浣腸等を続けると低カリウム血症などぉ引き起こしてしまいますから、便秘薬、浣腸を長期的に続けることは、かえって便秘を助長することになるという事なのです。

 

ここで、便秘につながる薬を少し紹介すると、抗コリン剤をはじめ、抗パーキンソン剤、モルヒネ剤、三環系抗うつ剤等があげられますし、降圧剤等や制酸剤等も便秘を起こす事となる薬といえるものです。

 

このように、薬により便秘は起こりますが、こうした薬は、そもそも身体的な要因により飲まなければいけないものです。

 

ですから、薬における便秘という場合は、なるべく食物繊維の豊富な食事を心がけ、適度にウォーキングをするなどして、自然な便意を促す事が大切です。

 

便秘につながる薬とは? - 便秘解消! 早く楽になる便秘解消法関連ページ

運動不足
便秘の原因には、色々な原因が考えられ、人によりその原因は異なります。
血圧の薬が便秘を起こす?
便秘は、そもそも女性に多いイメージですが、便秘自体、女性と限る事ではなく、男性も女性も子供も、起こりえる症状です。
主な便秘の原因
便秘の原因には、幾つかその理由が考えられます。 例えば、便秘と言えば、まず『水分量』の摂取が足りないという事はまず考えられます。
手術後は便秘になる?
便秘は、何も食生活の問題や水分不足における問題だけでなく、尚且つ運動不足による便秘というだけではありません。
食事
便秘の主な原因としてあげられるのは、やはり食事によるものが多く、普段から食事が偏っているとか、食物繊維が不足している場合、やはり腸の働きがそこなわれる傾向にあります。
正常な便
便秘に悩む方は、実は非常に多く、大人だけでなくお子さん等も、便秘で悩むケースもあります。
病気
便秘とは、主に食生活の乱れ、水分不足、運動不足等が主な原因と考えられますが、便秘は、これ以外にも幾つかの原因が考えられています。
便秘薬
便秘を起こしたすい方は、やはり便を出さないことにより、不快な思いをする事となります。
薬による便秘
便秘の原因は、食生活が乱れている、もしくは、食物繊維が不足していることによる、便秘も考えられます。